気付かれないように夜中のうちに準備しました

 今日は、おとうさんがおとうさんの姉といった電話をしておりました。その動画の内容の中で弟がおとうさんに紹介したい主人がいると言っていたことを話していました。

その時に弟が見せたのが、ケイタイ呼び出しのちっちゃなディスプレーのものでした。その時の印象が強かったらしく、おとうさんの姉に関して、「ケイタイ呼び出しのちっちゃなディスプレーでしか見てない」といった不満をこぼしていました。
 しかしながら実際には、ぼくがA4サイズに引き伸ばしてプリントアウトしたものをおとうさんに見せていました。そのことをおとうさんは、忘れてしまったみたいでした。
 なのでぼくは、おとうさんが、それほど言わないように、おとうさんのテーブルの真正面にスタンドに立てた弟って弟の主人のツーショットフォトを捨て置くことにしました。
 これで、もっとそんな不満を言わないように出来たと思います。しかしながら、おとうさんのことですからまた、「こんなフォト見た要素無いやっと見た。」などと、言うのかもしれません。
 ただ、でも見た、今も見た。ずっと見たとなるので、置き忘れることからは抜け出せるのではないかと期待しています。ヤミ金に著しい弁護士は私